``一意な文字列''

雑多な事柄

読んだり観たりしたもの

読んだもの

ユートロニカのこちら側 (ハヤカワ文庫JA)
確かにまだ我々はこちら側にいる。あちら側はちょっと生きづらそうだな。

遮光 (新潮文庫)
主人公が怖い。

銃 (河出文庫)
あっ、撃っちゃうんだ、そんで撃とうとしちゃうんだ、と思った。表題作ではないほうは『ボラード病』のような雰囲気で怖かった。

英霊の聲 オリジナル版 (河出文庫)
そんなもんか……と感じて読み終えてしまったわたしを許してください。

文庫 技術者たちの敗戦 (草思社文庫)
戦争末期から敗戦に焦点をあてて技術者たちがどうあがいたのかを描いたものだとひとり合点してたが別にそういう訳でもなくもっと幅の広い時間軸で技術者を扱っていた。『風立ちぬ』にほんのちょっと触れられていたのは意外だった。

第二次世界大戦外交史(上) (岩波文庫)
とても複雑なゲームだと思った。

観たもの

デス・プルーフ in グラインドハウス (字幕版)
キル・ビルセルフパロディっぽく感じた。妙に刺さって2週間くらいずっと観続けていた。

The King of Comedy (字幕版)
無敵の人が2人も出てくると疲れる。一夜だけでも王になりたいという気持ちには哀愁がただよう。

スタンド・バイ・ミー  (字幕版)   
バットで郵便受けを破壊されたら嫌だな。

冷たい熱帯魚


眼鏡がなくなって以降、社森は村田を受け継ぎ暴力を身に付けた。だが付け焼刃の暴力は社森を壊してしまった。暴力は強力だ。
暴力によって出すことのできた愚痴のようなメッセージは『バトル・ロワイアル』のオマージュな感じがある。それに対する娘の返答は斬新で、キタノシオリのそれとは似ても似つかない。