``一意な文字列''

雑多な事柄

プロジェクタとスクリーン買った

機械を買ったとかであれば https://nosada.hatenablog.com に書くのだが、なんというか今回買ったものはパソコンとか携帯電話とかそういう機械ではなく、どちらかというと雑文として扱うべきかなと思ったのでこちらに書く。

http://amzn.asia/b8j1M8phttp://amzn.asia/0UpqdPt を買った(うまくはてなから Amazon へリンクを張れずこんなんなっちゃった)。

用途はでかい画面で映画をみたかったというもの。

以下買ってみての感想。

よかった

  • でかい画面で映画をみるとたのしい
    • いつも小さなモニタでみてる映画が画面でかくなるだけで雰囲気がかわった
  • プロジェクタ内蔵のスピーカがそれなりに質がよくてスピーカを買わずともよくなった
    • ホワイトノイズをあまり気にしない程度の耳なので商品の参考にはなりません
  • 説明書よまなくても雰囲気でつかえる
  • 100インチもあるスクリーンだと広げるだけで圧巻
  • プロジェクタがそれなりに小さいので場所をとらない
    • X201s よりはちいさい

わるかった

  • プロジェクタのインターフェースの配置が微妙
    • 左右と背面に分散されててちょっと使いづらい
  • 100インチスクリーンのとりまわしがつらい
    • サイズ的にしょうがない
    • 使うたびに収納から出して終わったらまた仕舞うということをしてるので運用のせいな気がする
  • X201s のウルトラベースから DisplayPort -> HDMI だとうつらず GPD Pocket の micro HDMI -> HDMI しかうけつけなかった
    • これはプロジェクタのせいではない
    • micro HDMI -> HDMI であれば音声出力もプロジェクタ側に任せることができたので結果オーライだと思っている
  • 明るい部屋だと見辛いので部屋を暗くする必要がある

わるかった点のほうが多くなってしまい書いてる本人も辟易しているが、買って本当によかったと思う。 プロジェクタとスクリーンはずっと欲しかったものだが、こんなに手頃に手にはいって満足できるのであれば早く買っておくのだった。