読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

``一意な文字列''

雑多な事柄

QWERTY

 キー配列を入れ替えて結局戻したという記事を書いたが、それ以来キーボードを叩くときにホームポジションを異様に気にするようになってしまった。

 恥ずかしながら以前はホームポジションって何のことですかという様な乱雑な運指をしていて、まあそれでもそれなりの速さでタイピングできてたので、実用上は一応問題はなかった。しかし前掲の記事を書いてからちょっとして(といっても記事を書いてから今日で6日間を過ぎた程度だ。実際には記事を書いた翌日から予兆はあった)ホームポジションに指を置いてタイピングしていないことが気になり始め、今では指を基本的ホームポジションに置いてからキーを叩くという標準的な運指に変わった。

 たぶんこれは良いことなんだろうが、実用的には問題で、慣れない操作のせいでタイピング速度がおよそ半分程度に落ち込んでしまった。文を書いたりCUIで操作しているときなどに、考えている事と実際の入力とで今までよりも一層大きい差が出来てしまい、大変もどかしい感じになっている。いや、言ってよければイライラしている。さらにミスタイプも増え、ストレスが指数関数的に増大している。

 慣れなのだろうか。早く慣れてしまいたい。そして以前の滅茶苦茶な運指のほうが逆にストレスが溜まるようになってほしい。