読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

``一意な文字列''

雑多な事柄

Wild Wired Web

 私がコンピュータっぽいものに初めて触れたのは確かSSDが黎明期を迎えていたときだったと思う。HDDの中身がどうなっているのか知らずにめっちゃデータ突っ込めて嬉しいブラックボックスという理解でHDDを使っているようなときだった。そんな人間なので、昔のコンピュータは磁気テープがストレージでテープを巻いたり送ったりしてディスクアクセスをしてたんだよ、と言われても大変想像しがたい。

 そして私がコンピュータっぽいものに初めて触れたのと同時に私はインターネットにも触れた。そのころはコンピュータとインターネットとは一体であると思っていた。コンピュータがあり、そしてネットワークができ、インターネットができた、という流れを知ったのはインターネットの使用に慣れてニコニコ動画のアカウントを取得した頃だったと思う。

 歴史を省みるのは重要なのだと思う。歴史に想像力が追いつけるようにしたい。