読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

``一意な文字列''

雑多な事柄

2014-11-30

 ふと思い立って、今日一日を文字に起こしてみることにした。
「今日一日」というくせにまだ2014年11月30日は終わってないけど、この記事を書いたら寝るので、まあいいだろうという感じがする。

 12時頃起床した。
 寝たのが確か2時頃なので、10時間程寝ている事になる。0時30分頃から2時頃までウイスキーを飲み飲みしてたせいで、目覚めはとても悪かった。
本当は早く起きて「フューリー」を見に行きたかったけれど、起床の時点で諦めた。

 12時30分頃に昼飯を食べた。

 13時から17時45分まで、ぼんやりしたり、本を読んだり、インターネットしたりした。
 文春文庫のやつで円城塔の「オブ・ザ・ベースボール」を読んだ。もっとも、表題作のほうは読み終えていて、今日読んだのは同じく収録されている「つぎの著者へつづく」の方だった。読んでてわけがわからなくなってキレそうになったけどなんとか読みきった。おもしろさを解する程に私の知性は成熟していない。
 インターネットのほうは、昨日からの「フューリー」熱が冷めなかったので、ひたすらグーグルで撃破された戦車の写真を眺めていた。"tiger knocked out"とか"reichstag tiger"とか"T34 knocked out"とかいう文字列を検索窓に放り込んでいた。撃破された戦車を眺めていると、蝉の抜け殻をみているような気分になって、虚無感が出てくる。脱出しそこねた乗員の遺体が横たわっていたり引っかかっていたりする写真を見ると虚無感を飛び抜けて悲惨さが割り込んでくるけど、全てのハッチが開いた状態で廃墟の中に埋まってる戦車を見ていると、夏に草の茂みの中で転がってる蝉の抜け殻をみているような感覚を得る。
 途中、「フューリー」の予告映像の中で、移動するシャーマンをティーガーの砲口が追いかける描写があったことを思い出して、ティーガーの砲塔回転速度は遅かったはずだけど移動するシャーマンに追いつけるものなのかわからなくなったので、ティーガーの砲塔回転速度(エンジンからの動力をつかっても一周するのに一分掛かったといわれる。資料とかは特にないので信じるに値しない情報だ)を体験したくなり、メモをした。


 17時45分頃から18時まで「笑点」をみていた。

 18時頃から20時頃まで、生活をした。晩飯を食べたり、風呂に入ったり、インターネットをした。

 20時から22時まで、グランツーリスモ2で遊んだ。私の環境ではいまだに数字がつかないPSが動いている。テレビは91年製で、きっと冷戦の終結を経験しているはずだ。

 22時頃から虚脱感に苛まれはじめたのでグランツーリスモ2をやめた。そのあとまたインターネットをしたり、.vimrcの先頭に

scriptencoding utf-8

を加えたりした。

 そして今に至る。首が痛く、肩も凝っていてしんどいので、寝る。